コンセプト

人と犬のかかわり~原始時代

類人猿から人になる為に火は欠かせないものでした。

最新の学説ではそこに犬もいなければ、人にはなれなかったといわれています。

人間になることで低下する能力を犬が補ってくれていたそうです。

「犬」という字の成り立ちは、人のそばに寄り添う姿を像形したものだといわれています。

このように人が人間として生きていく上で犬の存在は欠かせないものだったのです。

それからというもの犬は人間の目的や用途のために発展してきました。

家族や財産を守ったり、仕事のサポート役だったり、心を癒すパートナーになったりしてきました。

そして、現代。

犬の十戒

作者不詳の文章ですが、犬ごころのポリシーにとても近いのでご紹介します。
犬を飼おうとしている人もすでに飼っている人ももう一度、犬の心を感じ取ってください。

  1. 私の一生は10~15年くらいしかありません。
    ほんのわずかな時間でも、あなたと離れていることは辛いのです。
    私の事を飼う前にどうかそのことを考えてください。
  2. 私が「あなたが私に望んでいること」を理解できようになるまで時間が必要です。
  3. 私を信頼して下さい・・・・・・それだけで私は幸せです。
  4. 私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。
    あなたには仕事や楽しみがありますし、友達だっているのでしょう。でも...。私にはあなただけしかいないのです。
  5. 時には私に話しかけて下さい。
    たとえあなたの言葉そのものはわからなくても、私に話しかけているあなたの声で理解しています。
  6. あなたが私のことをどんな風に扱っているのか気付いて下さい。私はそのことを決して忘れません。
  7. 私を叩く前に思い出して下さい。私にはあなたの手の骨を簡単に噛み砕くことができる歯があるけれど、私はあなたを噛まないようにしているということを。
  8. 私のことを「言うことをきかない」「頑固だ」「怠け者だ」と叱る前に、私がそうなる原因が何かないかとあなた自身考えてみて下さい。
    適切な食餌をあげなかったのでは?心臓が年をとるにつれて弱っていないだろうか?などと。
  9. 私が年をとってもどうか世話をして下さい。あなたも同じように年をとるのです。
  10. 最後の旅立ちの時には、そばにいて私を見送って下さい。
    「見ているのがつらいから」とか「私のいないところで逝かせてあげて」なんて言わないでほしいのです。

    あなたがそばにいてくれるだけで、私にはどんなことでも安らかに受け入れられます。

    そして・・・・・どうか忘れないでください。私があなたを愛していることを。

>>次ページへ【犬の社会性を育む為に~展示飼育】



わんこ社員メンバー紹介




メディア掲載情報




LINE@ 友だち募集中!